4冠目指すリバプール、逆転には至らずトッテナムと痛すぎるドロー…

 7日にプレミアリーグ第36節が開催し、リバプールとトッテナム・ホットスパーのビッグマッチが実現した。

【PLプレビュー】逆転優勝狙うリバプールが大一番!トッテナムとの一戦は打ち合い必至

 首位マンチェスター・シティを勝ち点1差で追うリバプールにとって、トッテナム戦は渡らなければならない最後の大きな橋。逆転優勝を目指し、ハイプレスでボールを奪い素早くカウンターに転じ、トッテナムに襲い掛かる。ただフィルジル・ファン・ダイクのヘディングシュートはクロスバーを叩き、トッテナムにもポスト直撃のシュートを受けるなど、一進一退の攻防を展開し試合を折り返す。

 スコアレスのこう着状態が続いた56分、トッテナムのハリー・ケインがDFを引き付けると、ライアン・セセニョンのラストパスをソン・フンミンが流し込み、リバプールが先取点を許してしまう。追いかける立場となったリバプールは、74分にペナルティエリア手前でパスを受けたルイス・ディアスが強引に右足シュートを放つ。これがDFに当たってコースが変わり、ネットに吸い込まれスコアをタイに戻す。その後は両者更なる得点を狙いにいくも、追加点は生まれずタイムアップ。1-1で、優勝を狙うリバプールにとって手痛いドローとなった。

Photo Visionhaus

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる