リバプールがジェラード監督擁するビラに逆転勝利!暫定で首位マンCと勝ち点並ぶ

 プレミアリーグ第33節延期分が10日に開催し、リバプールがアストン・ビラの敵地に乗り込んだ。

リバプールが18歳アバディーンDFに熱視線 スコットランド史上最高額の移籍金発生か

 前節トッテナム・ホットスパーと引き分け優勝争いからわずかに後退したリバプール。残りの全試合で勝利が求められる中、開始3分にスティーブン・ジェラード監督擁するビラに先制点を許してしまう。いきなり追いかける立場となったリバプールは、失点から3分後に右サイドで得たFKにトレント・アレクサンダー=アーノルドがクロスを送ると、ゴール前の混戦から最後はジョエル・マティップが押し込む。

 同点で折り返した一戦は、後半に入りリバプールに流れが傾いていく。すると65分、ショートカウンターからルイス・ディアスがペナルティエリア左に進入し、右足でクロスを供給。サディオ・マネがヘディングシュートを沈め、リバプールが逆転に成功する。その後はビラの猛反撃に耐えたリバプールが2-1で勝利を収め、暫定で首位マンチェスター・シティと勝ち点で並んだ。

Photo Naomi Baker

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる