CLフォーマットが2024-25季から大幅刷新!32→36チームに増加&GS廃止で新リーグ制に

 欧州サッカー連盟(UEFA)は10日、2024-25シーズンから施行されるチャンピオンズリーグ新フォーマットを発表した。

UEFAがCL新フォーマットを発表!2024-25シーズンから36チームに増加

 2024-25シーズンから出場枠を4つ増加して36チーム制とし、4チームずつ8つのプールに分かれて行う現行のグループステージを廃止。グループリーグで各チームがホーム&アウェイで4戦ずつ計8試合を行い、上位8チームがノックアウトラウンドに進出、9位から24位のチームはホーム&アウェイ形式のプレーオフに回ることに。プレーオフで勝利した8チームを加えた16チームで決勝トーナメントを実施するフォーマットとなった。

 またUEFA係数に基づく国別ランキング5位のリーグで3位になったチームにも新たにCL出場権が与えられ、加えて「チャンピオン・パス」で本戦に進む国内王者の数が4から5に拡大。そのため、CLで好成績を収めているラ・リーガやプレミアリーグは、2024-25シーズンから5チームが参戦する可能性が高くなった。同様の変更はヨーロッパリーグとヨーロッパカンファレンスリーグでも適用され、両大会とも36チームが出場する。

Photo Michael Regan

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる