超人フッキが金的の蛮行…最大12試合の出場停止処分に

 アトレチコ・ミネイロのフッキは、相手選手への“玉蹴りで”12試合の出場停止処分を下された。

フッキは代謝も超人級⁉︎ 1試合で4〜5kg減量している事が発覚

 ブラジルトップリーグのコリチーバFC戦に出場したフッキは相手選手と球際で競り合った際、フラストレーションが溜まり足を振りかぶり股間を蹴り上げてしまう。試合中はイエローカードに留まったものの、このプレーで両選手がエキサイティングする混乱状態に陥った。後日フッキはスポーツ裁判所に召喚される事となり、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』によると身体的暴力で4試合から12試合の出場停止処分を受けると報じている。

 蛮行を働いたフッキに、アトレチコ・ミネイロの宿敵フラメンゴに所属する“ガビゴル”ことガブリエウ・バルボサは、「同じ行為をすればレッドカードで25試合の出場停止を受けていただろう。そして警察に連れていかれただろうね」と口撃。しかしフッキも、「実際よりもそれは多いだろう」と反撃している。

 Photo Pedro Vilela

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる