レッズが今季初の完封勝利 パイレーツ・筒香嘉智は2打数0安打1四球で打率.188に

【レッズ4-0パイレーツ】@PNCパーク

 レッズは先発のコナー・オーバートンが古巣パイレーツを相手に7回途中まで3安打無失点に抑える好投を披露。リリーフ陣もパイレーツ打線に得点を許さず、4対0で勝利して今季初の完封勝利となった。オーバートンは記念すべきメジャー初勝利(今季1勝0敗)をマークし、パイレーツ先発のJT・ブルベイカーは開幕3連敗。開幕25試合でわずか3勝しか挙げられなかったレッズだが、今週はここまで7試合で5勝2敗を記録している。

 2回表にタイラー・スティーブンソンのタイムリーで先制したレッズは、4回表にスティーブンソンがレフトへの4号ソロを放ち、1点を追加。8回表には2本のヒットで一死1・2塁のチャンスを作り、コリン・モランとタイラー・ネークインの連続タイムリーでダメ押しの2点を奪った。先発のオーバートンは走者を出しながらも打たせて取るピッチングで7回途中まで無失点。オーバートンからルイス・セッサ、アート・ウォーレンとつないで完封リレーを完成させた。

 パイレーツの筒香嘉智は「5番・一塁」でスタメン出場し、ファーストゴロ、セカンドゴロ、四球で2打数0安打1四球。2試合連続ノーヒットに終わり、今季の打撃成績は打率.188、出塁率.303、長打率.250、OPS.553となった。パイレーツは1回裏一死1・2塁で4番のダニエル・ボーグルバックと5番の筒香が凡退し、先制機を生かせなかったことが最後まで響いた。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる