ピケがESL構想反対を表明「クラブに逆らう事になるけど…」

 バルセロナのジェラール・ピケは、欧州スーパーリーグ(ESL)に反対するスタンスを示した。

なぜ結婚しない?ピケがシャキーラとの関係を語る「今の状態が好き」

 昨年に12のビッグクラブによる新リーグ設立で物議を醸したESL構想は、各方面から多くの批判を浴び同年に複数チームが撤退を表明したことで事実上崩壊に。しかし、レアル・マドリード、バルセロナ、ユベントスの3クラブはESL構想から撤退しておらず、欧州サッカー連盟(UFFA)と緊迫した状態が続いている。  

 元マンチェスター・ユナイテッドのギャリー・ネビル氏と対談した『ザ・オーバーラップ』でESLの話題になったピケは、「メディアはESLを支持するさまざまな人々によってコントロールされている」と独自の見解。「スペインではイギリスと同じように見られていない。僕の意見では、ビッグクラブだけ利益を得るからESLはサッカーを破壊する事になる」と反対の姿勢を示した。

 続けてピケは、「レアルとバルサは正しい方法でプレーしているとは思えない。これはクラブに逆らう事になるけど、バルサやレアル、ユーベの立場は理解できる」と言及。「だけどファンにとっては最善の方法だとは思わない。プレミアが最高であるのは明らかで、イタリアはスペインより少し悪い。スペインは90年代に比べて少しはマシになったよ」と各リーグの現状を分析した。

 Photo Juan Manuel Serrano Arce

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる