逸材モナコDF、プレミアクラブとの関与認める「いくつか接触したけど…」

 ASモナコのブノワ・バディアシルはプレミアリーグのクラブを接触していたと認めた。

レアルが若手有望株チュアメニを狙う モナコは移籍金80億円を要求

 21歳バディアシルは今夏の移籍市場で注目される選手の一人で、今シーズンのリーグ・アンで2位に位置するチームの躍進に大きく貢献。ヨーロッパのメガクラブが熱視線を送り、マンチェスター・ユナイテッドやニューカッスル・ユナイテッドが有力視されている。そんな中バディアシルはプレミア行きを問われ、「プレミアは素晴らしいリーグだし、試合が大好きだ」とコメント。「僕は今モナコで幸せだよ。イングランドのクラブと接触した事もあったけど、シーズン終了までモナコに集中している」と言及した。モナコはバディアシルの契約解除金に4000万ポンド(約66億円)を要求しており、2020年にはマンUが提示した2200万ポンド(約35億円)のオファーを拒否している。

Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる