カージナルスがダブルヘッダー第2試合を制す 移籍後初昇格のメッツ・加藤豪将は出番なし

ダブルヘッダー第2試合【カージナルス4-3メッツ】@シティ・フィールド

 カージナルスは1点ビハインドの5回表に2点を奪って逆転。8回裏にジェフ・マクニールのタイムリーで同点に追いつかれたが、9回表にタイラー・オニールのタイムリー内野安打で勝ち越しに成功し、4対3でメッツとのダブルヘッダー第2試合を制した。カージナルス4番手のライアン・ヘルスリーが今季2勝目(0敗)、5番手のジオバニー・ガイエゴスが今季7セーブ目をマーク。メッツ3番手のジョエリー・ロドリゲスに今季2敗目(0勝)が記録された。

 カージナルスがスティーブン・マッツ、メッツがタイワン・ウォーカーの先発で始まった一戦は、1回裏にメッツがマーク・キャナの3号ソロで先制。4回表にカージナルスがポール・ゴールドシュミットのタイムリー二塁打で同点としたが、4回裏にメッツがエドゥアルド・エスコバーの2号勝ち越しソロで再びリードを奪った。しかし、カージナルスは直後の5回表にトミー・エドマンのタイムリー三塁打とゴールドシュミットのタイムリー二塁打で逆転。8回裏に追いつかれたものの、9回表にオニールが放ったタイムリー内野安打が決勝点となった。

 メッツはダブルヘッダー第1試合の終了後、その試合で勝利投手となった救援右腕ジェイク・リードをAAA級シラキュースに降格させて加藤豪将を昇格させたが、メッツ移籍後初昇格の加藤は出番なし。新天地デビューはお預けとなった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる