ロッキーズが対ジャイアンツの12連敗をストップ 主砲クロンが決勝弾で10号リーグ一番乗り

【ジャイアンツ3-5ロッキーズ】@クアーズ・フィールド

 ロッキーズは2対3と1点ビハインドで迎えた8回裏に一死2塁のチャンスを作り、ヨナサン・ダーザが同点タイムリー。さらに次打者C・J・クロンが10号リーグ一番乗りとなる勝ち越し2ランを放ち、5対3で勝利した。これにより昨年8月から続いていた対ジャイアンツの12連敗がようやくストップ。ロッキーズ3番手のタイラー・キンリーが今季初勝利(0敗)、4番手のダニエル・バードが今季10セーブ目をマークし、ジャイアンツ2番手のホセ・アルバレスが今季初黒星(1勝)を喫した。

 初回にチャーリー・ブラックモンの6号ソロとブレンダン・ロジャースのタイムリー二塁打で2点を先制したロッキーズだったが、先発のカイル・フリーランドが2回表にマイク・ヤストレムスキーのタイムリーなどで2失点。4回表には一死3塁からダリン・ラフにライトへの犠飛を打たれ、ジャイアンツにリードを奪われた。

 しかし、ロッキーズは粘りを見せ、8回裏先頭のコナー・ジョーがレフトへのヒットで出塁。ここでジャイアンツは先発のローガン・ウェブを諦め、2番手のアルバレスを投入したが、ロッキーズはブラックモンの犠打で一死2塁のチャンスを作った。そして、ダーザのタイムリーとクロンの10号2ランで一気に逆転に成功。9回表をクローザーのバードが三者凡退に抑え、ついに対ジャイアンツの12連敗をストップしたのだった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる