今夏移籍を望むレバンドフスキ 同僚の前で“バルセロナ”連呼

 バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキは、ドレッシングルームで移籍を巡り電話交渉をしていたようだ。

レバンドフスキがバイエルンに契約延長しない意向伝える…今夏バルセロナ移籍を希望か

 2023年でバイエルンとの契約が終了する33歳レバンドフスキは、今シーズンいっぱいで退団を表明。今夏の移籍市場で最注目株に挙げられており、バルセロナがポールポジションに立っていると言われている。するとドイツ紙『ビルド』が報じたところでは、ドレッシングルームで電話相手に憤慨している様子をチームメイトが見ていた模様。ポーランド語での会話だっため周りの選手は聞き取れなかったものの、レバンドフスキは何度も何度も「バルセロナ」と発言していたと報じた。移籍は現時点で確定していないが、この会話が今後数ヶ月に怒ることを示唆しているかも知れない。

Photo Marvin Ibo Guengoer – GES Sportfoto

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる