シェフィールド・U主将に突進した30代男性 24週間の禁固刑&罰金が科される

 シェフィールド・ユナイテッドのビリー・シャープに突進したノッティンガム・フォレストのサポーターに、24週間の禁固刑が言い渡された。

英2部昇格プレーオフで悲劇…シェフィールド・U選手が相手サポに突進される

 ノッティンガム・Fのシーズンチケットを持つダービーシャー州出身のロバート・ビッグス氏は、チャンピオンシップ昇格プレーオフ準決勝2ndレグでピッチに乱入しベンチにいたシャープに突進。不意を突かれたシャープは唇を4針縫うケガを負い、シェフィールド・Uのポール・ヘッキングボトム監督は「常軌を逸している」と糾弾した。19日にビッグス氏の裁判が行われ、地裁判事は「突進の際シャープは別の所を見ていて、回避行動を取ることが出来なかった。彼は唇を縫わなければならず、それは軽い傷ではない」と言及。24週間の禁固刑及び500ポンド(約7万5000円)の賠償金、85ポンド(約1万3500円)の裁判費用、さらに128ポンド(約2万円)の被害者サーチャージを支払う刑が科された。

Photo Michael Regan

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる