有望株ゴーマンがデビューのカージナルスが逃げ切り パイレーツ・筒香嘉智は3打数0安打1打点1四球

【カージナルス5-3パイレーツ】@PNCパーク

 カージナルスは有望株ノーラン・ゴーマンが「6番・二塁」でスタメン出場してメジャーデビュー。初打席初安打をマークしたほか、二塁の守備も無難にこなし、チームの勝利に貢献した。カージナルス先発のアダム・ウェインライトは得意のパイレーツを相手に7回4安打1失点の好投で5勝目(3敗)、3番手のジオバニー・ガイエゴスは圧巻の五者連続三振で8セーブ目をマーク。パイレーツ先発のザック・トンプソンは4敗目(2勝)を喫した。

 初回に1点を先制したカージナルスは、6回表に打線がつながり、一死満塁からディラン・カールソン、ヤディアー・モリーナ、ハリソン・ベイダーの三者連続タイムリーで4点を追加。7回裏にウェインライトがマイケル・チェイビスに4号ソロを浴び、8回裏には2番手のヘネシス・カブレラがブライアン・レイノルズのタイムリーなどで2点を失ったが、8回裏一死1・3塁から登板したクローザーのガイエゴスが五者連続三振の快投で試合を締めくくった。

 パイレーツの筒香嘉智は「4番・DH」でスタメン出場したが、四球、レフトフライ、ライトフライ、ファーストゴロ(1打点)で3打数0安打1打点1四球。8回裏無死満塁、一発出れば一気に逆転という大チャンスで迎えた第4打席でファーストゴロの間に7試合ぶりの打点を記録したものの、3試合連続ノーヒットに終わり、今季の打率は.162、OPSは.481となっている。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる