クロップがプレミア優勝のマンCに賛辞 目前に控えるCL決勝に意気込み「素晴らしいシーズンだったと言いたい」

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティに賛辞を送り、UEFAチャンピオンズリーグ決勝に向け意気込みを語った。

マンCが2年連続8回目のリーグ優勝!5分間で3発叩き出す大逆転劇

 プレミアリーグ最終節でウォルバーハンプトンに3-1で勝利したリバプールは、結果次第で逆転優勝の可能性があったものの、マンCが3-2で大逆転勝利を果たし、リーグトロフィーが手元に届かず。4冠の夢は潰えるもすでにFAカップとカラバカップで優勝しており、28日のCL決勝でレアル・マドリードを下せばカップ3冠に。クロップはリーグ優勝を逃したのを惜しみつつ、7度目のヨーロッパ制覇が最高の返答になるだろうと話した。

「少年たちは信じられないようなシーズンを送ってきた。一生忘れらないような旅だったね。今日はいつものような試合ができず、チアゴが早々に退場してしまった。それなのに勝利で終えたのは素晴らしいよ。勝ち点92なんてとんでもないだろ。私の人生の物語だ。ドイツ2部で最多勝ち点を獲得して昇格できなかった記録保持者なんだ。勝ち点は全部取らないといけない」。

「今シーズンは信じられない程素晴らしく、来週には終わってしまう。CL決勝では非常に経験豊富なチームと対戦するけど、それでもいい。今日リーグ戦を負けた事で、それを正したいという気持ちが高まった。そしてそれが選手たちの仕事だ。世界最高のチームを最後まで追いかけなければならないが、もう一回やるしかない。チームを再構築して、また進むんだ」。

Photo Alex Livesey

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる