ノイアー、バイエルンと2024年まで契約延長!「主将としてチームを支えたい」

 バイエルン・ミュンヘンのマヌエル・ノイアーは、2024年6月まで契約延長を締結した。

レバンドフスキが35ゴールで5シーズン連続得点王に!ハーランドはドルトムントでのラストマッチでPK弾

 36歳ノイアーは2011年にバイエルンに加入してから通算472試合に出場し、ブンデスリーガ10連覇、DFBポカール5回、UEFAチャンピオンズリーグ2回、FIFAクラブワールドカップ10回のタイトルを獲得。「僕の旅がバイエルンで続くのを嬉しく思うよ。全てのタイトルを懸けてプレーできる、良いチームがまた出来るだろうね。GKとして、キャプテンとして、リーダーとして支えとなり、重要なファクターになりたい」とノイアーは語っている。

 主将ノイアーの契約延長に、オリバー・カーンCEOは「ノイアーは世界最高のGKであり、長年に渡って世界のスタンダードを築いていきた」とコメント。「これほど長い間、常にワールドクラスであり続けるのは大きな功績だ。延長できて嬉しく思うし、マヌエルはバイエルンの歴史において決定的な人物だ」と喜びを語っている。

Photo Stefan Matzke – sampics

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる