飼い猫虐待のズマ、動物愛護違反で起訴される

 ウェストハム・ユナイテッドのクルト・ズマは、動物愛護違反で裁判所に出廷するようだ。

飼い猫虐待で炎上中のズマがスタメン出場…モイーズ監督が理由を説明「私は大の動物好きだが…」

 27歳ズマは2月に、自宅で飼い猫の腹部を蹴ったり頭部を平手打ちする暴行を働く。さらに物を投げつけたり子供が猫を抱き抱えた際に叩き落とす映像を兄弟のヨアンがSNSでアップし、、動物愛護団体や多くのユーザーから批判を浴びていた。ズマは今回の騒動に対し、「自分の行動に対して謝罪したい。僕の行動には言い訳の余地はなく、本当に後悔している」メッセージを発信。2匹の猫はイギリス王立動物虐待防止協会(RSPCA)に保護されたものの、ズマは動物福祉法など3つの罪が問われ起訴処分に。24日にヨアンと共にテムズ判事裁判所で初公判を行う予定だ。

Photo Craig Mercer/MB Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる