「お前はシャツを着るに値しない」アヴェッリーノ選手、路上で過激派サポに服を脱がされる

 イタリアでプロサッカー選手が、路上でサポーターにストリップを強要される衝撃的な事件が起きた。

ロビーニョ被告、集団レイプ事件で有罪確定 禁固9年の実刑判決に

 セリエC昇格プレーオフに臨んだアヴェッリーノは、先制に成功するもフォッジャの反撃に遭い1-2で敗戦。すると試合後アヴェッリーノのルーマニア人MFクラウディウ・ミコヴスキが車で帰宅中、昇格を逃し腹を立てたサポーターが乗った車が行く手を阻み、同選手を口論に。「お前はユニフォームを着るに値しない」と憤慨してミコヴスキにトラッキングスーツを脱げと強要、シャツを盗みその場を去っていった。

 これはアヴェッリーノ会長の息子ジョバンニ・ダゴスティーノ氏が試合後、「昇格できなかった原因は選手。真犯人が彼らであるのは一目瞭然だ。彼らはシャツを着るに値しない」と発言したのが発端を言われており、その後警察が22歳と30歳の男性を脅迫とトラッキングスーツ盗難の罪で逮捕している。

Photo Maurizio Lagana

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる