オーウェン、古巣同士が戦うCL決勝の勝敗を予想「3-0か3-1で…」

 元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏は、古巣同士が戦うUEFAチャンピオンズリーグ決勝の勝敗を予想した。

オーウェン氏、去就揺れるサラーの残留に楽観視「リバプール以上の場所はない」

 オーウェンは17歳でリバプールのトップチームに昇格し、2001年には世界最高の選手に贈られるバロンドールを受賞。すると2004年の夏に、移籍金800万ポンド(当時のレートで約16億円)でリバプールからレアル・マドリードに加入した。今シーズンのCL決勝はリバプールとレアルの一戦となり、イギリス紙『デイリーメール』にインタビューに応じたオーウェン氏はプレミアリーグのチームの勝利を願っているようだ。「リバプールはレアルよりも優れていると思う。彼らを圧倒できるだろうし、3-1か3-0が私の予想だ。なぜなら今のリバプールは並外れていて、レアルには勿体無いほどだからだよ」。

 Photo Getty Images Sport

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる