アンチェロッティ監督、CL決勝リバプール戦で古巣のサポートに期待「エバートンが応援してくれるだろう」

 レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督は、UEFAチャンピオンズリーグ決勝を前に、古巣の声援を受けるだろうと語った。

レアルが大型補強を画策 約160億円でレオン獲得を狙う

 62歳アンチェロッティ監督は2015年にレアルを解雇された後、バイエルン・ミュンヘンやナポリで指揮を執り2019年12月にエバートンの指揮官に就任。昨シーズンはプレミアリーグで10位と奮闘し、2021年7月にレアルの監督に復帰した。CL決勝でエバートンの宿敵リバプールと対戦するアンチェロッティ監督は、古巣が力を貸してくれるだろうと心境を口にした。

「エバートンの選手たちが明日、私たちをサポートしてくれるのは間違いない。マージサイドには大きなライバル心があるのは知っているし、リバプールで過ごした青春時代にはいい思い出があり、決勝もきっと応援してくれるだろう。今年は長いようであっという間だった。この決勝に進出できたのは大きな成功だし、このクラブがどれだけハードワークをしてきたか物語っている。良いシーズンだったと思うし、大きなことを成し遂げるところまで来ている」。

Photo Alex Livesey – Danehouse

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる