ノッティンガム・Fが24季ぶりプレミア昇格!PO決勝でハダースフィールドに競り勝つ

 チャンピオンシップ昇格プレーオフ決勝が29日に開催し、ハダースフィールド・タウンとノッティンガム・フォレストが対戦した。

シェフィールド・U主将に突進した30代男性 24週間の禁固刑&罰金が科される

 プレミアリーグ行き最後の1枠を懸けた、ヨーロッパでも高い人気を誇るチャンピオンシップ昇格プレーオフ決勝。レギュラーシーズンで3位だったハダースフィールドと4位ノッティンガム・Fの一戦は、前半終了間際に動き出す。43分にジェームズ・ガーナーがペナルティエリア手前の左からシュート性のラストパスを送ると、飛び出したライアン・イエーツへの対応が間に合わず、相手DFがOGを献上。ノッティンガム・Fが先取点を挙げ試合を折り返す。

 聖地ウェンブリー・スタジアムで地鳴りのように歓声が響き渡る中、ノッティンガム・Fは後半に入りハダースフィールドの反撃に遭う。ペナルティエリア内まで攻め込まれ、選手が倒れPKの笛が鳴るかに見えたもののシミュレーションと判断され事なきを得る。その後もノッティンガム・Fが虎の子の1点を守り切り、完封勝利を果たし1998-99シーズンぶりのプレミア昇格を決めた。

Photo Christopher Lee

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる