KO前に大混乱のCL決勝…催涙ガスを噴射されたリバプールサポが激怒「息子が死にかけた」

 リバプールのサポーターは、UEFAチャンピオンズリーグで催涙ガスをまいた機動隊に激怒した。

【CL決勝レーティング:リバプール】4年前の雪辱ならず…近いようで遠かった“あと一歩”

 CL決勝はシーズン開幕当初はロシアのサンクトペテルブルクで開催予定だったものの、ウクライナ侵攻に伴いフランスのパリに変更。28日にリバプールとレアル・マドリードによる一戦がスタッド・ド・フランスで行われた。ところが欧州サッカー連盟(UEFA)によると、偽のチケットで入場しようとするファンを制止する作業に追われ、キックオフが36分遅れる事態に。本物のチケットを持ったファンが入場することができず、スタジアムの外が大混乱となっていた。

 そんな中UEFAはチケットを提示するファンに対し、機動隊が催涙ガスを撒いて沈静を図る。これが親子のリバプールサポーターに直撃したようで、11歳の息子の顔が赤くなり目から涙を流す症状が現れた模様。父親は、「突然目の前で催涙ガスが噴射され、息子にかかり泣き出してしまった。怯えた息子は“死ぬかと思った。もうここに居たくない”と言っていたんだ」と怒りを露わにした。UEFAの対応について、フランス政府は適切だったか調査を開始する方針だ。

Photo Eurasia Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる