サンテティエンヌの2部降格でファンが逆上…ピッチに乱入し暴動騒ぎに

 サンテティエンヌのサポーターが降格決定に激怒し、選手に向かって発煙筒を投げつける衝撃的な出来事が起きた。

リヨンとパリFCがフランス杯失格処分に…試合中にファン暴動

 リーグ・アンのレギュラーシーズンを18位で終えたサンテティエンヌは、入れ替え戦プレーオフでオセールと対戦。2戦合計2−2でPK戦に突入すると、1人目リャド・ブデブズの失敗が最後まで響き、4-5で敗北し2001-02シーズン以来の2部降格が決定した。するとサンテティエンヌのサポーターが試合終了後に逆上し、ピッチに侵入して発煙筒を大量に投げ込む暴動が発生。トンネルに逃げる選手の中には暴行を受ける選手もいて、機動隊が鎮圧にあたり数人が逮捕され数百人が何時間もグラウンドに留まる事態となった。サンテティエンヌは公式声明を発表し、暴動の件には触れずオーナーが辞任を示唆している。

Photo Hugo Pfeiffer

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる