メッツ6連勝 父観戦のカラスコが5回無失点、リンドーアは10試合連続打点のナ遊撃手タイ記録

【ナショナルズ0-5メッツ】@シティ・フィールド

 ナショナル・リーグ東部地区の首位を快走するメッツは、投打がしっかりと噛み合ってナショナルズに5対0で勝利。フィリーズ3連戦、ナショナルズ3連戦と同地区球団を相手に2カード連続のスイープとなり、連勝を6に伸ばした。メッツ先発のカルロス・カラスコは父親が観戦に訪れるなかで5イニングを無失点に抑え、6勝目(1敗)をマーク。ナショナルズのエバン・リーはメジャー初登板初先発で黒星を喫した。

 カラスコは制球が不安定で毎回走者を出す苦しいピッチング。3回表は二死から三者連続四球で満塁のピンチを招いたものの、ヤディエル・ヘルナンデスを見逃し三振に仕留め、ナショナルズに先制を許さなかった。4回表は一死から連打で1・3塁となったが、ディー・ストレンジゴードンをセカンドゴロ併殺打に仕留めて無失点。5回表も二死から2・3塁のピンチを背負ったが、ヘルナンデスをキャッチャーゴロに打ち取って事なきを得た。

 カラスコが無失点ピッチングを続けるなか、メッツは4回裏にトマス・ニードのタイムリーにストレンジゴードンのエラーが重なって2点を先制。7回裏にフランシスコ・リンドーアが10試合連続打点となる犠飛を放ち、8回裏にはニードの2点タイムリー二塁打でダメ押しした。9番打者のニードは4打数4安打3打点の大活躍。リンドーアの10試合連続打点はナ・リーグの遊撃手としては2009年のハンリー・ラミレスに並ぶタイ記録となっている。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる