マンUが人員刷新 ポグバ&リンガードの退団を発表「これまでの貢献に感謝したい」

 マンチェスター・ユナイテッドは1日に、ポール・ポグバとジェシー・リンガードの退団を発表した。

ポグバが禁断の移籍?今夏フリーでマンC加入の可能性が浮上

 29歳ポグバは今月末の契約満了に伴い、2度目のマンU退団が決定した。2009年にフランスのルアーブルから加入したポグバは、トップチームで233試合に出場し39ゴールを記録。2011-12シーズンに移籍し、2016年には当時クラブ最高額の8900万ポンド(約118億円)でマンUに復帰した。マンUは声明で、「クラブはポグバが6月末にチームを去ると伝える。ポールのキャリアを祝福し、マンUに貢献してくれたのを感謝したい。クラブは彼の驚くべき旅路の次のステップのために、最善を尽くすことを祈っている」と伝えている。

 一方リンガードは、8歳の時にマンUの下部組織に入団して以来、20年過ごしたクラブに別れを告げる。トップチームでは通算232試合で35得点の記録を残し、活躍が認められイングランド代表で32キャップを獲得。マンUは長い声明でリンガードに感謝の言葉を伝え、「この場を借りてジェシーがここで20年間作り上げてきた思い出に感謝し、今後のキャリアに幸あれと祈りたい」と綴った。

Photo Getty Images Sport

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる