スコットランド主将ロバートソン、W杯出場逃し悔しさ滲ませる「ここまで戦ってきたのに…」

 スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンは、FIFAワールドカップ予選敗退に悔しさを滲ませた。

ウクライナ、母国を勇気付ける3発勝利!ウェールズが待つPO決勝へ

 ロシアのウクライナ侵攻により3月から6月に延期されたW杯欧州予選プレーオフ準決勝は、33分にウクライナが先制に成功。さらにウクライナが追加点を決めると、スコットランドが1点を返すも逆転には至らず最終スコア1-3で無念の予選敗退となった。試合後イギリス『スカイスポーツ』のインタビューに答えたロバートソンは、「ウクライナは僕らよりずっと早くゲームに馴染んでいたし、それがそのまま続いてしまった」と心境を口にしている。

「苦しい戦いを強いられた。ゴールを目指して攻めなけらばならないのに、反撃のチャンスを与えてしまった。自分たちのやりたいプレーが出来ず、残念な結果に終わってしまった。ここまで来るのに11試合もかかったのに…。ホームでのプレーオフに勝ちたかったのは痛いほどわかる。今夜のことを反省し、明日はまた新しい1日だ。W杯は4年先で、僕たちは大きな大会でプレーしたいという夢を持っている。批判されるのは分かっているけど、僕たちは団結しなければならない」。

Photo Mark Runnacles

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる