主将カバーニが2ゴールの活躍!ウルグアイが3発でメキシコを撃破

 2日に国際親善試合が行われ、アメリカのアリゾナにあるユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアムでメキシコとウルグアイが対戦した。

日本はドイツ、スペイン、大陸間PO勝者と同じ死の組に W杯組み合わせが決定

 南米予選をギリギリで勝ち抜き、11月にFIFAカタールワールドカップに臨むウルグアイ。同じくW杯に挑むメキシコとの一戦は、マティアス・オリベラがポスト直撃のシュートを放つなど得点の匂いを漂わせる。すると35分に右CKからエディンソン・カバーニがヘディングシュートを狙うと、こぼれ球にマティアス・ベシーノが反応。右足で押し込み、ウルグアイが貴重な先制点を挙げる。

 勢い付くウルグアイは後半開始間もない46分、ファクンド・ペリストリが右サイドを突破すると、ペナルティエリア右脇からクロスを供給。カバーニが右足で沈め、後半開始の奇襲が奏功する。畳み掛けるウルグアイは54分に、ダミアン・スアレスがラストパスを送り、カバーニがダイレクトで右足を一閃。強烈なシュートはゴール左隅に突き刺さり、ウルグアイが3-0でメキシコに快勝した。

Photo Omar Vega

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる