アーセナルがラカゼット退団を発表 アルテタ監督が惜別の言葉「真のリーダーで若手の模範」

 アーセナルのアレクサンドル・ラカゼットは、今シーズン限りで本拠地エミレーツ・スタジアムから去る決意をした。

他クラブとの交渉を認めたラカゼット アルテタ監督「知らなかったが…」

 31歳ラカゼットは6月末の契約満了に伴い、アーセナル退団が決定した。2017年夏にリヨンからロンドンに到着したラカゼットは、通算206試合に出場して71ゴールを記録。今シーズンは36試合で6得点と伸び悩み、アーセナルと別々の道を歩む決断をした。アーセナルのミケル・アルテタ監督は、「ラカは私たちのとって素晴らしい選手だった。彼はピッチ内外で真のリーダーで、若い選手たちに重要な影響を与えた」とコメント。「彼の献身は並はずれたものであり、彼と彼の家族の成功と幸福を願っている」と伝えた。またテクニカルディレクターのエドゥ氏も、「アーセナルから大きな感謝を。常にファミリーの一員であり、将来の成功を祈っている」と言及している。

Photo Dan Istitene

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる