ラフィーニャと交渉難航のバルセロナ…プランBでディ・マリアにオファー提示か

 バルセロナはラフィーニャ獲得失敗の場合、パリ・サンジェルマンのアンヘル・ディ・マリアを狙うようだ。

ディ・マリアがバルセロナ移籍間近だった過去を回顧「メッシとプレーしたくて…」

 リーズ・ユナイテッドのラフィーニャを熱望するバルサは、イングランドのクラブが最大6000万ユーロ(約79億円)を要求しているため交渉が難航。バルサは財政難でファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の抵触する可能性があり、移籍実現が困難となっている。そのためバルサはラフィーニャを獲得できなかった場合のプランBを画策していて、ベテランのディ・マリアをリストアップ。PSGと6月30日で契約が切れフリーエージェントとなるディ・マリアは低コストで獲得可能で、移籍先の有力候補に挙げられているユベントスと争奪レースを挑む準備をしているようだ。

Photo Eurasia Sport Image

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる