レンジャーズOBがベイルを勧誘?スコットランドの魅力をアピール「最高のゴルフコースがあるよ!」

 元スコットランド代表FWでレンジャーズOBのアリー・マッコイスト氏は、ガレス・ベイルに古巣加入を勧めている。

ベイルが9年過ごしたレアル退団を表明 SNSで感謝の言葉「決して忘れられない経験」

 32歳ベイルは今シーズン限りで9年間過ごしたレアル・マドリードを退団。UEFAチャンピオンズリーグ5回、ラ・リーガ3回など多くのタイトルをサンティアゴ・ベルナベウで獲得し、「このクラブで得た経験は決して忘れない。ありがとう、マドリード!」と惜別の言葉を贈った。去就に注目が集まる中、マッコイスト氏は『トークスポーツ』で「もし私がレンジャーズの上層部にいたら、ベイルに何かしらオファーするだろうね」とコメント。「彼が大のゴルフ好きなのは周知の事実。スコットランドには最高のゴルフコースがあるよ。彼をここに連れてきて、“ここで1年過ごしてみな、きっと気にいるから”と言うだろう。彼もそうだしファンも絶対気にいるよ」と歓迎した。

Photo Catherine Ivill

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる