撤去から9年の時を経て…カタールでジダンの“頭突き像”が再設置に

 カタールのドーハで、9年前に撤去されたジネディーヌ・ジダンの“頭突き像”が再設置されるようだ。

【クイズ】W杯で輝いたスタープレイヤー!過去5大会で個人賞に輝いた選手たち

 2006年FIFAワールドカップ決勝でジダンがマルコ・マテラッツィに食らわせた頭突きは、サッカー界の歴史的瞬間として今も語り継がれている。ドーハでは2013年にジダンの頭突き像が建設されたが、「偶像崇拝を助長する」「暴力を奨励している」と多くの批判を受け、設置から数日後に撤去された。そんな中、新しいスポーツミュージアムがオープンするのに伴い、敷地内に頭突き像の再設置が決定。館長は、「最初は批判されるかもしれないが、時間をかけやがて理解される」とコメント。「ジダンはカタールにとって偉大なロールモデルだ。芸術というのは他のものと同様、好みの問題だ。私たちの目標は人々に力を与える事だ」と主張している。

Photo Simon M Bruty

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる