久保が移籍後初スタメン!ヘタフェ、岡崎出場のウエスカに競り勝ち2連勝!

 20日にラ・リーガ第19節が開催し、久保建英所属のヘタフェと岡崎慎司のウエスカによる日本人対決が実現した。

加入間もない久保が堂々デビュー!2ゴール演出でヘタフェの4試合ぶり勝利に貢献!

 前節は合流間もなかったにも関わらず、途中出場でゴールに関与した久保。ウエスカ戦では加入後初めてスタメンに名を連ね、岡崎はベンチスタートとなった。前線の潤滑油として積極的にボールをもらう動きを見せる久保は、セットプレーを任されるなどチームの期待の高さがピッチに現れ、自身も持ち前のテクニックでチャンスを創出し存在感を見せる。

久保がビジャレアル退団…今シーズン終了までヘタフェにローン移籍

 後半に入っても試合を優位に進めるヘタフェは、69分にカルレス・アレニャがボールをキープし、裏のスペースにラストパスを供給。走り込んだマウロ・アランバリがGKの股を抜くシュートを沈め、貴重な先制点をゲットする。その後は79分に岡崎が途中投入され、直後に久保が交代となったため僅かな時間ながら両者が共にピッチに立つ。試合は最後までリードを守りきったヘタフェが1-0で勝利を収めた。

photo – Gonzalo Arroyo Moreno

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる