レッドソックス7連勝で貯金3、エンゼルスは球団史上ワーストの14連敗 大谷翔平4打数1安打

【レッドソックス1-0エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

 レッドソックスは先発のネイサン・イバルディが5回までエンゼルス打線を無得点に抑え、6回表にボビー・ダルベックのタイムリー二塁打で1点を先制。このリードをリリーフ陣が守り抜き、連勝を7に伸ばした。一方のエンゼルスは球団史上ワーストとなる14連敗。レッドソックス先発のイバルディが4勝目(2敗)、5番手のマット・ストラームが3セーブ目を挙げ、エンゼルス3番手のジミー・ハーゲットに今季初黒星(1勝)が記録された。

 5イニングを無失点に抑えたイバルディに対し、エンゼルス先発のリード・デトマーズも5回途中まで無失点ピッチングを展開。試合は1点を争うロースコアの投手戦となった。レッドソックスは6回表二死からアレックス・バードゥーゴが四球を選んで出塁し、次打者ダルベックのタイムリー二塁打で一塁から一気に生還。結局、エンゼルスは最後まで得点を奪えず、この1点が決勝点となった。

 故障者リスト入りしているアンソニー・レンドンとテイラー・ウォードに加え、前日の試合で股関節を痛めたマイク・トラウトが欠場したエンゼルス打線において、大谷翔平は「1番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席は空振り三振、3回裏の第2打席はサードゴロに倒れたが、5回裏の第3打席でライトへのヒットを放ち、5試合連続安打となった。しかし、一発が出れば同点という7回裏の第4打席は空振り三振。5打席目は回ってこず、4打数1安打2三振で今季の打率は.242、OPSは.765となっている。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる