大谷翔平の二刀流の活躍でエンゼルスが14連敗をストップ レッドソックス・澤村拓一は3ラン被弾

【レッドソックス2-5エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

 エンゼルスは「2番・投手兼DH」でスタメン出場した大谷翔平が投げては7回4安打1失点、打っては5回裏の12号逆転2ランを含む4打数2安打2打点と投打にわたる見事な活躍を披露。7連勝中のレッドソックスを5対2で破り、4連戦の被スイープを回避するとともに、ついに球団史上ワーストの14連敗をストップさせた。大谷は4勝目(4敗)、抑えのライセル・イグレシアスが12セーブ目をマーク。レッドソックス先発のニック・ピベッタに5敗目(5勝)が記録された。

 ピベッタと大谷による投手戦となった一戦が動いたのは5回表だった。レッドソックスは四球、ヒット、捕逸で無死1・3塁のチャンスを迎え、ボビー・ダルベックの犠飛で1点を先制。しかし、大谷はそれ以上の失点を防ぎ、直後の5回裏に自ら12号逆転2ランをセンターへ叩き込んだ。ピベッタは6回裏無死1・2塁のピンチを招いたところで降板し、レッドソックスは2番手の澤村拓一を投入。二死後、伏兵アンドリュー・ベラスケスが右中間への3号3ランを放ち、エンゼルスが勝利を大きく手繰り寄せた。

 大谷は7回100球を投げて被安打4、奪三振6、与四球2、失点1で降板。2番手のライアン・テペラが8回表に1点を失ったものの、3点リードの9回表は3番手として守護神イグレシアスが登板し、久々の勝利を締めくくった。大谷の今季の成績は打率.247、OPS.782、防御率3.64となり、投手として放った本塁打は今季初。澤村は1回1安打1失点で今季の防御率は3.10へ悪化した。なお、エンゼルスのフィル・ネビン暫定監督は初勝利となった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる