サラーがPFA年間最優秀選手賞に選出!2度目の受賞は史上9人目に

 リバプールのモハメド・サラーは、選手が投票するPFA年間最優秀選手賞を受賞した。

サラーがリバプール残留を明言 マネはCL決勝後に去就決定へ

 29歳サラーは今シーズンのプレミアリーグで23ゴール14アシストを記録し、カラバオカップとFAカップ優勝を達成。ティエリ・アンリやクリスティアーノ・ロナウドに続き、PFA年間最優秀賞を2回受賞した9人目の選手となった。サラーは、「個人でも団体でもトロフィーを獲得するのはとても名誉なことだね」とコメント。「特に選手たちの投票によって選ばれるんだから、本当に嬉しいよ。僕の部屋にはトロフィーを飾る棚があるんだけど、新しくもう一つ設置した。新しいトロフィーを飾るのを楽しみしているよ」と喜びを語った。

 またPFA年間ベストイレブンも発表され、サラーと並んで得点王に輝いたソン・フンミンがまさかの落選。リバプールから、アリソン、トレント・アレクサンダー=アーノルド、フィルジル・ファン・ダイク、チアゴ・アルカンタラ、サディオ・マネ、サラーが選出。一方プレミア優勝を果たしたマンチェスター・シティからは3名が選ばれている。

Photo Robin Jones

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる