ジェズス獲得レースに新たな動き トッテナム参戦でより熾烈に

 マンチェスター・シティのガブリエウ・ジェズスの争奪戦を巡り、トッテナム・ホットスパーも参戦したようだ。

アーセナルがジェズス獲得を望むも…マンCが要求する高額な移籍金に慎重な姿勢

 ジェズス獲得レースはしばらくの間アーセナルが有力候補に挙げられており、アレクサンドル・ラカゼットとピエール=エメリク・オーバメヤンが退団したことでストライカーの補強が急務となっている。ところがイギリス紙『タイムズ』によると、トッテナムがジェズス獲得に向けオファーを用意している模様。またチェルシーも興味を示しており、ロメル・ルカクをレンタル移籍でインテルに戻し、ジェズスをチームに迎え入れようとしていると報じた。ジェズスはアーリング・ハーランドとフリアン・アルバレスの加入により、来シーズンの出場機会減少が濃厚に。マンCが要求する違約金5000万ポンド(約70億円)を支払えば、今夏退団は確実となっている。

Photo James Gill – Danehouse

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる