ジダンがPSG監督就任で合意間近に 仏大統領やエムバペが熱望

 ジネディーヌ・ジダン氏は、パリ・サンジェルマン新監督就任の噂が浮上している。

今夏解任が囁かれるも…ポチェティーノ監督がPSG残留を主張「まだ契約が残っている」

 リオネル・メッシのPSG加入時をいち早く報じたフランス人ジャーナリストのダニエル・リオロ氏によると、来シーズン開幕前にクラブがジダンと新監督就任で合意間近と主張。ジダンはフランスのエマニュエル・マクロン大統領からPSG監督就任を熱望されており、キリアン・エムバペも3年契約を更新した際にジダンの招聘を要求したと伝えている。また他にも複数監督候補が挙がっており、新たにスポーティングディレクターを務めるルイス・カンポス氏はニースのクリストフ・ガルティエ監督やASローマのジョゼ・モウリーニョ監督に熱視線。ただリオロ氏は、PSGはジダンをトップターゲットに据えていると語った。

Photo Juan Manuel Serrano Arce

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる