オーストラリアが5大会連続6度目のW杯出場!PK要員のGK投入が奏功しペルーとの死闘制す

 FIFAワールドカップ予選大陸間プレーオフが13日に行われ、オーストラリアとペルーが対戦した。

オーストリアがUAEとのW杯アジア予選POを制す!本戦出場を懸け南米予選5位のペルーと激突

 アジア予選プレーオフを勝ち抜いたオーストラリアと、南米予選5位のペルーによる本戦出場を懸けた大陸間プレーオフ。W杯開催国カタールのアフメド・ビン=アリー・スタジアムで勃発した一発勝負は、がっぷり四つの展開となる。ペルーの南米らしい球際のは激しいタックルに対し、オーストラリアも屈強なフィジカルで対応。両者一歩も譲らず120分をスコアレスで終え、勝負の行方はPK戦に委ねられた。

 運命のPK戦では、先攻オーストラリア1人目マーティン・ボイルがGKにセーブされて失敗。ペルーにイニシアチブを与えてしまうものの、3人目ルイス・アドビンクラのシュートが左ポストに直撃し、5人目までに1人ずつ失敗してサドンデスに突入する。するとペルー6人目のシュートを放ち、PK戦用に投入されたオーストラリアGKアンドリュー・レッドメインが横っ飛びでセーブ。PKスコア5-4で、5大会連続6度目のW杯出場を決めた。

Photo Joe Allison

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる