C・ロナウド、レアル退団のマルセロに惜別の言葉「サッカーが与えてくれた兄弟」

 マルセロのレアル・マドリード退団に、クリスティアーノ・ロナウドら歴代の同僚が別れのメッセージを贈った。

マルセロが今季限りでレアル退団を表明…15年半で25個のタイトルを獲得したレジェンド

 本拠地サンディエゴ・ベルナベウで16シーズン過ごしたマルセロが、契約満了に伴いレアル退団が決定。UEFAチャンピオンズリーグやラ・リーガ、コパ・デル・レイなど獲得したタイトルは25個に及び、クラブ史上最も多くのトロフィーを掲げた選手となった。

 レアル時代にマルセロと左サイドで抜群の連携を見せていたC・ロナウドは、Instagramで惜別の言葉を贈る。「チームメイトと言うよりサッカーが僕にくれた兄弟。ピッチ内外で、ドレッシングルームで共に喜びを感じた偉大なスターの一人だ。新しい冒険で全てを手に入れるため頑張れ、マルセロ!」と投稿した。また元同僚のイケル・カシージャスも、SNSで「何度“マルセロ、戻ってこい!”と叫んだことか。伝説の選手でいてくれてありがとう」とコメント。また母国ブラジルでも後輩のヴィニシウス・ジュニオールは、「マルセロ!全てに感謝するよ!世界最高のクラブで最も多くのタイトルを獲得したレジェンドだ!」と語っている。

Photo Kaz Photography

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる