リーズがラフィーニャの後釜探し トラオレ獲得に41億円を用意

 リーズ・ユナイテッドはラフィーニャの後釜に、バルセロナのアダマ・トラオレを狙っているようだ。

レンタル満了のトラオレがウルヴス帰還へ バルセロナは買取OP行使せず

 25歳ラフィーニャは2年残すリーズとの契約延長を望んでおらず、今夏退団の噂が浮上。ラフィーニャの代理人でバルサのレジェンドであるデコ氏は、友人のシャビ・エルナンデス監督と接触しているようで、両者で話し合いが進んでいる。そんな中リーズはラフィーニャの後釜に、スピードスターのトラオレをピックアップ。バルサにレンタル移籍したトラオレは、クラブが財政難のため3000万ユーロ(約41億円)の買い取りオプションを行使しない意向で、今夏ウォルバーハンプトン帰還が決定的に。リーズは以前からトラオレに注視しており、移籍金2000万ポンド(約27億円)で獲得に乗り出すようだ。

 Photo Eric Alonso

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる