ヤンキース打線爆発で8連勝 今季最多の貯金32、勝率.750で驚異のシーズン121.5勝ペース

【ヤンキース12-3ブルージェイズ】@ロジャース・センター

 レイズ3連戦をスイープして連勝を7に伸ばしたヤンキースは、今日からブルージェイズとの3連戦がスタート。その初戦は5回表に一挙8点を奪うなど、ヤンキース打線が14安打12得点と爆発し、12対3で勝利して連勝を8に伸ばした。ヤンキース先発のジョーダン・モンゴメリーは6回3安打2失点で3勝目(1敗)をマーク。ブルージェイズ先発のロス・ストリップリングは4回途中5安打2失点で降板し、2敗目(3勝)を喫した。

 2回裏にガブリエル・モレノのタイムリーで先制されたヤンキースは、4回表に反撃を開始。グレイバー・トーレスのタイムリー二塁打で同点に追いつくと、一死1・3塁からカイル・ヒガシオカのピッチャーゴロの間にトーレスが生還し、逆転に成功した。5回表はジャンカルロ・スタントンの14号2ラン、DJ・ラメイヒューの6号ソロ、アンソニー・リゾの17号グランドスラムなどで一挙8得点。その後、2点を返されたが、9回表にジョーイ・ギャロの9号2ランでダメ押しした。

 ヤンキースは8連勝となり、貯金は今季最多の32に。アメリカン・リーグ東部地区の首位を快走し、2位ブルージェイズとのゲーム差は今季最大の11まで広がった。開幕64試合で48勝16敗と勝ちまくり、勝率はなんと.750。これは162試合に換算すると驚異の121.5勝ペースであり、今後は1906年カブスと2001年マリナーズが記録したシーズン116勝のメジャー記録更新も期待される。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる