ジダンのPSG行きは事実上消滅…カタールW杯後フランス代表指揮を希望か

 ジネディーヌ・ジダン氏は、来シーズンにパリ・サンジェルマンに指揮することはないだろう。

ジダンがPSG監督就任で合意間近に 仏大統領やエムバペが熱望

 フランス『RMC sport』によると、ジダン氏は近い将来コーチ業の復帰に意欲を見せている模様。インタビューでは、「まだコーチとして貢献できるか?そうだね。たくさんか、あるいは幾つかはできると思うよ。私はまだ幻想を抱いているし、それが私の情熱だ」と言及している。ただ最近囁かれていたPSG指揮官に就任する意思はないようで、母国フランス代表の監督を希望。FIFAカタールワールドカップ後に就任を望んでおり、マウリシオ・ポチェティーノ監督解任が目前に迫るPSGは、新たな候補を探す必要があるようだ。他の候補にはニースのクリストフ・ガルティエ監督が挙がっていて、すでに交渉を始めている。

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる