カージナルス地区首位タイ浮上 期待の新人・ゴーマンが2本塁打を含む4安打4打点の大活躍

【カージナルス6-2ブリュワーズ】@アメリカンファミリー・フィールド

 カージナルスは有望株ノーラン・ゴーマンが4回表に勝ち越しアーチを放つなど、2本塁打を含む4打数4安打4打点の大活躍。ブリュワーズを6対2で破り、39勝31敗で並んでナショナル・リーグ中部地区の首位タイに浮上した。カージナルス2番手の新人ザック・トンプソンが1回2/3を無安打無失点に抑える好リリーフでメジャー初勝利(0敗)をマーク。ブリュワーズ先発のチチ・ゴンザレスに今季初黒星(0勝)が記録された。

 1回表にゴーマンのタイムリーなどで2点を先制したカージナルスは、先発のジャック・フラハティが1回裏にウィリー・アダメスに14号同点2ランを被弾。しかし、4回表にゴーマンがセンターへの5号ソロを放ち、勝ち越しに成功した。7回表にはゴーマンが自身初の1試合複数アーチとなる6号ソロを放ち、2点リードの展開に。8回表にノーラン・アレナドとゴーマンのタイムリーでダメ押しの2点を奪い、ブリュワーズを6対2で破った。

 ゴーマンは2本塁打を含む4打数4安打4打点の大活躍を披露。1試合で2本塁打を含む4安打を放った新人は球団史上初であり、球団史上最年少(22歳42日)での達成にもなった。2018年ドラフト1巡目指名で入団し、今年5月20日(現地時間)にメジャーデビューしたゴーマン。ここまで29試合に出場して打率.280、6本塁打、17打点、出塁率.350、長打率.516、OPS.866と期待に違わぬ見事な活躍を見せている。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる