マネがバイエルンに正式加入!最大58億円で3年契約を締結「迷いはなかった」

 バイエルン・ミュンヘンは22日に、リバプールのサディオ・マネ獲得をアナウンスした。

 30歳マネ獲得のためバイエルンは前金2750万ポンド(約38億円)を、出場回数に応じて500万ポンド(約7億5000万円)が発生し、さらに個人とチームの成果に基づいて250万ポンド(約3億8000万円)を支払う模様。この契約はリバプールがマネ獲得の際に支払った額(3100万ポンド+250万ポンド)を上回る額となり、サウサンプトンに追加資金は発生しないようだ。2016年にサウサンプトンからアンフィールドに到着したマネは、公式戦269試合に出場して120ゴール48アシストを記録。6年間でプレミアリーグやUEFAチャンピオンズリーグ、FIFAクラブワールドカップにUEFAスーパカップなど主要タイトルを制覇している。

ビッグディール実現!最大58億円でバイエルンがマネ獲得

 移籍を決断したマネはレッドブル・ザルツブルク時代からバイエルンに関心を抱いていたようで、「加入には何の迷いもなかった」と明かしている。「ついにバイエルンの一員になれてとても嬉しい。たくさん話したし、最初からこのビッグクラブに大きな興味を抱いていた。だから最初から迷いはなかったよ。今こそチャレンジに相応しい時だ。このクラブで多くのことを成し遂げたい。ザルツブルク時代にはこの試合を何度も観戦したし、このクラブが本当に好きだよ」。

 またリバプールとの別れの話題には良い条件でクラブを去る事が重要だったと語り、「みんなにお別れを言うために長いメールを送った。僕と同じようにみんなも悲しんでいたけど、それは人生に一部だ。ただ、それを受け入れるしかない」と説明。「リバプールをいい形で去るのは最初から考えていた事だ。クラブでもドレッシングルームでも、ファンタスティックだった。スタッフや食堂のみんなとも仲が良いんだ。いい形で去るのはファンにとってもとてもとても重要だった」と伝えた。

 一方でリバプールのユルゲン・クロップ監督は公式サイトでマネの移籍を尊重するようファンに呼びかけ、同選手を史上最高の選手と称賛。「大きな瞬間だ、そうでないふりをしようとしても無駄だ。リバプール史上最も偉大な選手が去っていくのだから、この事がどれだけ重要か認識しなければならない」と別れの言葉を贈った。「彼は私たちの感謝と愛と共に旅立つ。偉大な選手たちの中で自分の地位を保証されながら去っていく。だが私たちは失ったものに囚われず、持つ事ができた特権を祝福しなければならない。

「私は彼の決断を完全に尊重するし、サポーターもそう思っていると確信している。リバプールを愛するものならば、サディオを愛することは譲れない。私たちの損失がバイエルンの利益になるのを受け入れながら、それを実行するのは可能なんだ。私たちは彼が出場する全ての試合で、成功することだけを祈っている。彼の星がこれからも増え続けるだろう。私はそう信じている」。

Photo Johannes Simon

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる