ポグバがユベントスと基本合意に 近日中に正式契約へ

 フランス代表MFポール・ポグバは、フリーエージェントでユベントス加入で基本合意に達した。

ポグバ、故ライオラ氏との会話でマンUに不満露わ「彼らは嘘をついている」

 イタリア『スカイ』によると契約期間はまだ確定していないものの、4年か3年に1年の延長オプションが付随した内容のどちらかになる様で、7月上旬に正式にサインする予定。ユーベへの移籍は、2016年にマンUに再加入するまで4年間過ごしたクラブへの復帰を意味する事となる。29歳ポグバは今回がキャリア最後の大きな移籍になると認識しており、正しい決断を下すために時間をかけたいと考えている模様。一方で契約延長のオファーがなかったマンUには故ミノ・ライオラ氏との会話で不満を漏らしており、「彼らは嘘をついている。欲しい選手と言っておきながら何もオファーがないなんて…。彼らには契約しなかったのが間違いだったと証明したい」と語っていた。

Photo Valerio Pennicino

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる