リバプールが来夏ベリンガム獲得を画策 マンCとの争奪戦に自信

 リバプールは来夏に、ボルシア・ドルトムントのジュード・ベリンガム獲得に自信を覗かせている。

南野拓実がモナコ移籍へ!総額26億円で基本合意に達する

 イギリス紙『デイリーメール』によるとリバプールのユルゲン・クロップ監督がベリンガムを高く評価しており、来夏の移籍市場でトップターゲットに挙げている模様。マンチェスター・シティもベリンガムに興味を抱いているものの、リーズ・ユナイテッドのカルビン・フィリップスと移籍金4500万ポンド(約90億円)で合意間近となっていて、リバプールは争奪戦で優位と考えていると報じた。

 リバプールは今夏に最大1億ユーロ(約138億円)の取引でベンフィカのダルウィン・ヌニェスを獲得し、マンCは総額8550万ポンド(約135億円)でアーリング・ハーランドと5年契約を締結。両チームのピッチ内外での争いに今後も注目が集まる。

Photo Lars Baron

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる