レアルがデポルティーボの19歳至宝を獲得 ラウール監督擁するカスティージャでプレー見込み

 レアル・マドリードは26日に、デポルティーボのノエル・ロペス獲得を発表した。

レアル新加入のチュアメニってどんな選手?NBA&健康オタクの完璧主義者

 スペイン『フットボール・エスパーニャ』によると、19歳ロペスはデポティーボのアカデミーから生まれた最大の才能として、レアルの目に留まった模様。U-19スペイン代表MFロペスは昨シーズンにスペイン3部リーグで28試合4得点を記録し、レアル加入後は同じ3部でラウール・ゴンザレス監督が率いるカスティージャでプレーする見込み。クラブは活躍次第で、来シーズン中にトップチームに昇格も視野に入れている。レアルは今夏にガレス・ベイルとイスコが退団し、マルコ・アセンシオとダニ・セバジョスのクラブを去る事が濃厚に。ASモナコからオーレリアン・チュアメニ獲得するなど、レアルはチームの若返り化を進めている。

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる