アメリカ代表GKターナーがアーセナルと正式契約!「クラブのスタイルと価値観に惚れ込んだ」

 アメリカ代表GKマット・ターナーは27日に、アーセナルと正式契約を締結した。

アーセナルがアメリカ代表GK獲得間近に 出場機会減らすレノは退団か

 28歳ターナーは月曜にアーセナルと長期契約を締結し、背番号は「30番」に決定。メジャーリーグサッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションで6年間102試合に出場した後、正式にアーセナルの選手となった。ターナーはクラブのTwitterで、「子供の頃からアーセナルを見ていて、チームのプレースタイルやクラブの価値観に惚れ込んだ」とコメント。「長い道のりのように感じたけど、いつかチームのシャツを着るのを夢見ていた。だから僕は人生を捧げ、最高の選手、最高の人間になるために努力した。夢を実現し、人生の素晴らしい日のひとつだ」と喜びを語った。ターナーは7月のプレシーズントレーニングでチームに合流し、正GKの座をかけて争いを演じる。

Photo David Price

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる