トッテナムとリシャルリソンの交渉が加速 早ければ7月1日に契約成立も

 トッテナム・ホットスパーは、エバートンのリシャルリソンとの契約が間近に迫っているようだ。

前線の強化を図るトッテナム リシャルリソンとゴードンのダブル獲りを画策

 イギリス『デイリーメール』によると、交渉に近い関係者はクラブ間の合意が数日以内に決定すると報道。エバートンは金曜の深夜に迫った決算期を前に、プレミアリーグと持続可能のルールに沿わなければならないというプレッシャーに晒されており、早ければ7月1日に5000万ポンド(約82億円)前後で移籍が完了すると伝えた。またトッテナムのダニエル・レビー会長は今週、親交の深いエバートンのビル・ケンライト会長とロンドンで会食。リシャルリソンの取引の他にもステフェン・ベルフバインやアンソニー・ゴードンについて話し合いが行われたようで、ハリー・ウィンクスの契約成立はこの会食では見送られた。

 Photo Jan Kruger

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる