マリナーズが敵地でレンジャーズをスイープ 14連勝で前半戦を終える

【マリナーズ6-2レンジャーズ】@グローブライフ・フィールド

 13連勝中のマリナーズは、2本のホームランでリードすると、7回表にも4連打で3得点と今日も効果的に加点。投手陣も6投手の継投でレンジャーズ打線を2点に抑え、投打が噛み合い6対2で勝利。敵地グローブライフ・フィールドでのスイープに成功し、連勝を14に伸ばした。マリナーズ2番手のライアン・ボルッキが2勝目(0敗)を挙げ、レンジャーズ先発のグレン・オットーに6敗目(4勝)が記録されている。

 3回裏にマーカス・セミエンの13号ソロで先制を許したマリナーズだったが、直後の4回表にカル・ローリーが13号2ランを放ち逆転に成功すると、続く5回表には前日にオールスター選出が発表されたタイ・フランスが11号ソロを放ち、3対1とリードを広げた。さらに、7回表には一死から連打で1・2塁のチャンスを作ると、フリオ・ロドリゲスのタイムリー二塁打、フランスのタイムリーと打線が繋がりこの回3得点。リリーフ陣がレンジャーズの反撃をコリー・シーガーのタイムリーの1点のみに封じて6対2で逃げ切った。

 マリナーズはこれで51勝42敗、勝率.548として前半戦を終了。ワイルドカード単独2位の好位につけており、後半戦も躍進が期待される。なお、現在球団史上最長の15連勝まであと1と迫っているが、オールスター期間が明けると地区首位を独走するアストロズとの3連戦が控えており、後半戦は最初のカードから山場となりそうだ。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる