マーリンズ快勝で4連敗ストップ パイレーツの4番・筒香嘉智は3打席連続三振でOPS.500に

【マーリンズ8-1パイレーツ】@PNCパーク

 3試合連続の完封負けを喫していたマーリンズは、連続イニング無得点が37まで伸びたものの、1点を先制された直後の4回表にミゲル・ロハスのタイムリー二塁打などで4点を奪って逆転に成功。投打が噛み合って8対1でパイレーツを破り、4連敗をストップした。マーリンズ先発のブラクストン・ギャレットは6回2安打1失点の好投で2勝目(3敗)をマーク。パイレーツ先発のザック・トンプソンは6回途中9安打7失点で7敗目(3勝)を喫した。

 マーリンズは3回裏にジェイソン・ディレイのメジャー初本塁打で1点を先制されたが、4回表にロハスが同点タイムリー。さらにトンプソンの暴投、ジョーイ・ウェンドルのタイムリーなどで3点を勝ち越した。6回表にはニック・フォーテスのタイムリーとウェンドルのタイムリー二塁打で3点を追加。7回表にはアビサイル・ガルシアが7号ソロを放ち、ダメ押しの8点目を奪った。

 パイレーツの筒香嘉智は「4番・DH」でスタメンに名を連ねたが、1回裏一死1・2塁の第1打席は見逃し三振、4回裏先頭で迎えた第2打席は空振り三振、7回裏先頭で迎えた第3打席も空振り三振を喫し、3打席連続三振で3打数ノーヒットに終わった。似たタイプの左打者であるダニエル・ボーグルバックがトレードで放出され、出場機会増が見込まれるが、早めに結果を残してアピールしておきたいところ。なお、今季の打率は.173、OPSは.500となっている。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる