フィリーズ快勝で5連勝 パイレーツ・筒香嘉智は4打数1安打1打点で打率.171、OPS.478に

【フィリーズ8-2パイレーツ】@PNCパーク

 パイレーツは初回に2点を先制し、5回表に一挙5点を追加するなど、8対2で快勝。敵地PNCパークでのパイレーツ4連戦をスイープし、連勝を5に伸ばした。フィリーズ先発のアーロン・ノラは6回93球を投げて被安打6、奪三振8、与四球1、失点1の好投で7勝目(8敗)をマーク。パイレーツ先発のJT・ブルベイカーは5回途中12安打7失点と打ち込まれ、9敗目(2勝)を喫した。

 4連戦のスイープを目指すフィリーズは、1回表にJ・T・リアルミュートのタイムリー二塁打などで2点を先制。1点リードで迎えた5回表にはカイル・シュワーバーの33号ソロと4本のタイムリーで一挙5点を追加した。6回表にはアレック・ボームにも7号ソロが飛び出し、8対1と7点をリード。9回裏に無死1・2塁のピンチを招き、筒香嘉智のタイムリーで1点を返されたが、大勢に影響はなかった。

 パイレーツの筒香は「8番・一塁」でスタメン出場。3回裏先頭の第1打席は空振り三振、4回裏二死1・2塁のチャンスで迎えた第2打席はショートフライ、7回裏先頭の第3打席はセカンドゴロに倒れたが、9回裏無死1・2塁のチャンスで迎えた第4打席でレフトへのタイムリーを放った。出場した試合では3試合ぶりとなるヒットを放ち、4打数1安打1打点。今季の打撃成績は打率.171、出塁率.249、長打率.229、OPS.478となっている。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる